あるといい旅案内

旅情報や旅日記をつづるブログです。 15/10/26名前変更しました。

お越しいただきありがとうございます。

にほんブログ村に登録しています。
よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



以下のブログと小説を書いています。よかったらこちらにもお越しください。
あるといい旅案内(このブログ)

あるといいブログ(ライブドアブログ)

雇われない生き方を探るブログ(アメーバブログ)

アナザーズ 冒険編1 ~ウルグ~(小説家になろう)

旅情報

ことしも、高尾山からのダイヤモンド富士が拝める季節になりました。

ことしは、20日(水)~24日(日)、冬至は22日(金)です。
この期間、ケーブルカーは18時最終として運転しています。
詳細は高尾登山電鉄のサイトに。
http://www.takaotozan.co.jp/diamond/


<アクセスとお得なきっぷ>

高尾山頂への最寄り駅は京王線の「高尾山口」駅です。
新宿または高尾から京王線です。特急・準特急が一番早いです。特急も準特急も料金はかかりません。

※京王では、2018年3月から座席指定の列車が運転される予定です。この情報は、2017年12月現在の情報です。

京王では、電車の往復とケーブルカーの片道または往復がセットになった「高尾山きっぷ」を発売しています。合わせた額の2割引きになります。高尾からの販売もあります
値段は以下に。
https://www.keio.co.jp/train/ticket/profitable/price_takao.html

高尾山口駅から10分程歩くと、ケーブルカーとリフトの乗り場「清滝」駅、および1号路などへの登山口です。
ケーブルカーとリフトは共通で大人が片道480円、往復930円です。
リフトは運転時間が16時までになっています。
ICカードは自販機で購入するときに使えます。
上述どおり、ダイヤモンド富士の期間に限り、ケーブルカーは18時まで運転しています。(リフトは延長しません)

ケーブルカー・リフトで高尾山駅に着いたら、以降は歩きです。
だいたい40分ほどで着きます。
薬王院の参道を通るので階段が多く、途中から土の道になります。なので、ヒールなどは避けたほうがいいです。


<ケーブルカー・リフトを使わない場合>

もちろん歩いて上ることもできます。
高尾山駅から1時間半くらいで高尾山頂に着くことができます
一番早いのは1号路です。高尾山駅まではほぼ坂、参道を経て薬王院を過ぎる1時間くらいはずっとコンクリートの道で、初心者の方はかなり疲れます。
他に、稲荷山コースやびわ滝コース(6号路)があり、こちらは完全に山道ですので、歩きやすい靴や服装が必須です。



<山頂について>

山頂は広場になっていますが、富士山が見える奥の場所は狭めです。
高尾山頂から徒歩10分くらいの「もみじ台」に行く方も多いようです。
ある程度いい場所を取りたいのであれば、日の入りが始まる1時間くらい前までには到着しておくことを強く勧めます。毎年、1時間前でもかなり人がいます。
ですので、15時くらいに着くことを考えると、高尾山口駅には遅くても13時~14時くらいには着いておいたほうがいいでしょう。

当然ですが、山頂は山の中です。
完全に吹きっさらしです。
防寒しとかないと、本当に風邪ひきます。


<帰りにケーブルカー・リフトを使わない方へ>

登山道は一号路も含めて基本的に真っ暗です。灯りがありません

灯りがあるのは、薬王院の付近と、薬王院から高尾山駅の間だけです。
山頂から薬王院の奥の院まで、高尾山駅から少し一号路を入ったところから清滝駅までは、完全に真っ暗です。
道中の灯りがある部分も、灯りはわずかですので、かなり薄暗いです。暗い部分は暗いです。

ですので、ヘッドライト、懐中電灯かランタンのような広めの灯りが必須です。スマホの灯りは少し頼りないし、落としたら一大事です。
歩いて下山するならもちろん舗装された一号路から帰るのがベストではありますが、上記に書いた通り、ほとんど坂、つまり帰りはひたすら下りです。運動不足の方はひざがガクガクしてきます。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

一号路の途中には、金毘羅台という夜景スポットがあります。
ここはさらに真っ暗ですが、夜景は確かにきれいです。


<帰りにひと風呂>

帰りに、高尾山口駅併設の「高尾山温泉」でひと風呂いかがでしょうか。
通常料金1000円、タオルセット250円。23時まで居られます。
極楽湯の株主優待券は使えません。
22日(冬至)はゆず湯だそうです。
概要はこちらへ。
http://www.takaosan-onsen.jp/

<京王線の時間について・下り10時~16時くらい>

※この情報は、2017年12月現在の情報です。
平日の昼間は、新宿発0・20・40分発に特急高尾山口行きがあります。
このほか、7・27・47分発に準特急京王八王子行きがあります。こちらは終点の1つ前「北野」で各駅停車高尾山口行きに乗り継げます。

土休日の昼間は、新宿発7・27・47分発に準特急高尾山口行きがあります。
このほか、0・20・40分発に特急京王八王子行きがあります。こちらは終点の1つ前「北野」で各駅停車高尾山口行きに乗り継げます。

<京王線の時間について・上り18時以降>

※この情報は、2017年12月現在の情報です。

平日の上りは、18時以降は各駅停車か快速がほとんどです。約10分間隔。23:34の区間急行(東府中まで各駅停車)までは、北野か高幡不動で特急または準特急新宿行きに乗り継げます。

土休日の上りは、21:14まで20分間隔で準特急新宿行きが運転されています。以降は各駅停車が約10分間隔です。23:34の区間急行(東府中まで各駅停車)までは、北野か高幡不動で特急か準特急新宿行きに接続します。

帰りの時間は必ず経路検索などで確認してください。

極楽湯に浸かったり、高尾山の夜景やムササビを見たりしたいという方は、終電時刻をきちんと確認してから来てください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ウユニ塩湖のようだ」、と最近話題の江川海岸。

電線が海岸に伸びる風景が印象的。

それと同様の風景が、袖ケ浦の牛込海岸というところにあります。

そのアクセス情報をご案内。

まず、三井アウトレットパーク木更津、まで行きます。
電車の場合、千葉駅から約30分のJR袖ヶ浦駅または木更津駅から三井アウトレットパーク行きが出ています。袖ヶ浦からは1時間3~4本、木更津からは1時間1~2本前後です。
巌根駅からの便はかなり少ないので、袖ケ浦・木更津どちらかからのほうがいいでしょう。

高速バスは、直行便が、東京・横浜・川崎などから運転されています。往復割引や、買い物券がついたセット券もあるようです。

このほか、木更津金田バスターミナルからアウトレットに行くバスもあります。
木更津などへ行くバスが金田バスターミナルを通ります。

詳細はこちらを。
http://www.31op.com/kisarazu/

アウトレットパーク自体はフードパークが21:00までやっています。店舗は20:00まで。
近くにキサラピアという小さな遊園地があり観覧車もあるので、行ってみるのも面白いでしょう。
キサラピアの詳細はこちら。
http://kisarapia.com/


で、肝心の牛込海岸。
位置的には、ノースゲートから東のさらに外れです。
アウトレットの敷地内にいる場合は、まずノースゲートを目指します。外に出て駐車場も出て、右方向に行きます。田畑の中に小さい社(八王子神社)が見えてきたら、そこに沿った道を奥へ入って行きます。そうすると、海が見えてきますが、直進はできないので、右へ曲がり、また左折して奥へと進んでいけば、自然と牛込海岸の岸壁に到着します。

バスターミナルに着いた場合は、中に入らず、北方面(高速バス1番のりば方向)にまわりこんでいきます。

電線が連なる場所は港を少し回った場所にあります。


三井アウトレットパーク木更津のバス停から20分前後は見たほうがいいでしょう。
この付近、電灯がほぼないので、暗くなった時のために、懐中電灯はできるだけ持ってきてください。

漁協の注意書きで、敷地内で事故があっても責任取りませんと明記されています。


道中、ほとんど道しるべがありませんので、できればスマホでGoogleMapなど使ったほうがいいかもしれません。地図の目標で言うと、「牛込船溜」付近が目的地になります。GoogleMap、Yahoo地図双方で見られます。

いうまでもありませんが、漁港ですので、漁港の方々の迷惑にはならないようご注意を。

最後に、実際に行って撮影した写真を。

これは西側を撮影しました。この奥にはアクアラインが見えます。

1505782381552



これが肝心の電線。北側に伸びているので、夕日とドッキングはしないようです。

1505782401979


夕景を撮影したい場合は、日の入り予定時刻の90分くらい前にはアウトレットに着いていることを勧めたいです。日暮れは一度始まると終わるのはあっというまです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在JR東日本で展開している「ウルトラマンスタンプラリー」で可能なちょい技を紹介。

先日出したものを、実際やってみて加筆をしました

ウルトラマンスタンプラリーの概要
https://www.jreast.co.jp/ultraman-rally/

開催は2月26日まで。基本10駅、全駅だと65駅。


JRで使えるお得なきっぷ

都区内パス 
・通年1日有効。大人750円、小児370円。
・都区内のJRに一日乗り降り自由です。スタンプラリーのエリアのほとんどは網羅しています。
・フリーエリアに含まれない、スタンプラリーの駅:天王洲アイル、羽田空港第1ビル、松戸、馬橋、新松戸、柏、北柏、我孫子、取手、南流山

休日おでかけパス
・土休日の1日有効。大人2670円、小児1330円。
・JR、りんかい線、東京モノレールに乗れます。
フリーエリア内に、東京モノレールを含む、スタンプラリーの対象全駅があります。
・(後で紹介しますが)1日で65駅を回るなら、こちらのほうが安くなります。
・神奈川、茨城、千葉、埼玉など、関東圏でスタンプラリーのエリア外から来る方はこれがいいでしょう。

週末パス
・土休日の連続2日有効。大人8730円、小児2560円
・JRほか各路線に乗れます。地下鉄、りんかい線、東京モノレールは乗れません。
・スタンプラリーのJRの駅全駅がフリーエリアに含まれます。
・関東圏以外から来られる方はこれがいいでしょう。

中央線東京週末フリー乗車券
・中央線沿線から都心各種へのフリーパス。
・土曜休日の連続2日間使えます。
・特急券を追加すれば「(スーパー)あずさ」「かいじ」にも乗れます。
りんかい線、東京モノレール、JR、スタンプラリーの全駅がフリーエリアに含まれます。
・このほか、東北エリアからの同様のフリー乗車券があります。


他線で、スタンプラリーに使えるお得なきっぷ

東京モノレール沿線お散歩1Dayパス
・東京モノレールが1日乗り降り自由。大人700円、小児350円。
土休日のみ使えます。
浜松町から東京モノレールで、天王洲アイル、羽田空港、を周ろうとすると1000円以上します

東京メトロ一日乗車券
・1日有効、大人600円、小児300円
・全部ではないですが、山手線内外の多くの駅に行かれます。都区内パスより安い(笑)
・スタンプはすべて改札の外なので、JRを使わなくても行ける駅が多数あります。
例:王子、池袋、西日暮里、北千住、高田馬場、荻窪、東京(大手町)、新日本橋(三越前)
・複数日に分けて行きたい方はこちらもおすすめ。邪道かもしれませんけど・・・。


その他のちょい技

(1)新日本橋駅
見た感じ、新日本橋駅のアクセスは普通に行くと難しい部分があります。
そこで2つの方法をご提案。
・東京メトロ銀座線「三越前」を使う。
・神田駅から歩く。(片道10分ほど)

地図はこちらを。Yahoo地図です。日比谷線の小伝馬町からでも行けそうです。
http://yahoo.jp/lyXvhx

たとえば。
秋葉原または御茶ノ水、神田、新日本橋、新橋、有楽町、浜松町、なんて行き方もいいかと思います。

(2)羽田空港第1ビル駅
東京モノレールは結構高いので、往復するのもどうかと思う方に。
・蒲田から京急蒲田に移動し(徒歩10分)、京浜急行で羽田空港国内線ターミナル。片道8~11分、IC運賃335円。
 京急の羽田空港駅は第1・第2で1駅になっています。第1ターミナルは、蒲田寄りの出口です

・大森駅、蒲田駅、川崎駅へ路線バスが出ています。時刻等はリンクを参照してください。
京急バス 大森~羽田

京急バス 蒲田~羽田

京急バス 川崎~羽田

一般の路線バスです。いずれも、片道280円、IC運賃276円です。
もっとも使いやすいのは蒲田。通常便に加えてシャトル便(大鳥居のみ停車)があります。

(3)川崎の怪獣酒場
ラリー対象外ですが、こちらにもあるとのこと。
川崎駅は、上記のように、羽田空港と川崎駅を結ぶバスがあります。
また、京浜急行でも行けます。
怪獣酒場についてはこちら: 川崎の怪獣酒場

川崎からの片道運賃は以下の通り。
JRで蒲田:160円、IC154円
京急で蒲田(京急蒲田):160円、IC154円
京急で羽田空港:340円、IC335円
バスで羽田空港:280円、IC276円
(羽田空港までなら京急のほうが早いです)

(4)南流山駅
松戸駅から1時間1~2本ですが、バスが出ています。気分を変えて乗ってみてもいいかと。
また、柏駅の手前、南柏駅にも出られます。以下参照。
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/bus/musasino/minaminagareyama0.htm

(5)大久保駅と新大久保駅
ご存知の方も多いと思いますが、歩いて5分程度です。
大久保駅はスタンプ対象外ですが、中野寄り出口から出ると、スタンプのある新大久保駅が見えます。
新宿の乗換を避けたい場合はちょっとだけショートカットができます。

(6)新松戸駅と、流鉄幸谷駅
これもすぐそばにあります。
流鉄流山線は、昭和レトロ感のある路線として隠れた人気のある路線です。
都区内パスで来られた方は実費になる区間ですが、馬橋から幸谷までだと120円(ICなし、現金のみ)で行けます。JRだと133円です。

(7)都区内パスと休日お出かけパス、どっちが得か。
あくまで単純計算ですが、1日で全駅回る前提で考えると、都区内パスではこうなります。
JR都区内パス現金¥750
モノレール1日乗車券現金¥700
常磐線金町~松戸IC¥154
常磐線松戸~馬橋IC¥154
常磐線馬橋~新松戸IC¥133
常磐線新松戸~南流山IC¥133
常磐線南流山~柏IC¥165
常磐線柏~北柏IC¥133
常磐線北柏~我孫子IC¥133
常磐線我孫子~取手IC¥165
常磐線取手~金町IC¥464
 合計 ¥3,084

結果、1日で全65駅を回るなら、「休日お出かけパス」のほうが安く上がります。
天王洲アイル&羽田空港と馬橋から先、どちらかだけ行かれるなら、都区内パス&suicaが安いです。

(8)並ぶ駅より並ばない駅を回ろう
あたりまえに聞こえるかもしれませんが、意外とやってない気がします。
上野や東京などのでかい駅では、多いところで10人前後行列ができます。
対して、比較的小さな駅は、行列ができずすぐに行けます。
なので、大きな駅は後回しにして、回りやすい駅から押していくことを勧めたいです。

(9)そもそも1日で回れるのか
10駅なら、駅を選ばず、昼間3~4時間あれば余裕です。
65駅は、時間はかかりますが、1日でできます。
自分の場合、昼前から始めて午後10時までで7割くらい行けました。
早朝から休まず押し続ければ、暗くなるまでには全部押せると思います。
水と目薬の携帯をお忘れなく。(忘れたので帰ってきたら酷かったです・・・)


と、ひととおり紹介させていただきました。
近所の駅にもスタンプがありますが、若い方から大人の方まで結構やってる方多いです。
子供が少ない気もしますけど(笑)

都内を細かく回る旅に、出かけてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在JR東日本で展開している「ウルトラマンスタンプラリー」で可能なちょい技を紹介。

ウルトラマンスタンプラリーの概要
https://www.jreast.co.jp/ultraman-rally/

開催は2月26日まで。基本10駅、全駅だと65駅。


JRで使えるお得なきっぷ

都区内パス 
・通年1日有効。大人750円、小児370円。
・都区内のJRに一日乗り降り自由です。スタンプラリーのエリアのほとんどは網羅しています。
・フリーエリアに含まれない、スタンプラリーの駅:天王洲アイル、羽田空港第1ビル、松戸、馬橋、新松戸、柏、北柏、我孫子、取手、南流山

休日おでかけパス
・土休日の1日有効。大人2670円、小児1330円。
・JR、りんかい線、東京モノレールに乗れます。
フリーエリア内に、東京モノレールを含む、スタンプラリーの対象全駅があります。
・スタンプラリーのエリア外から来る方はこれがいいでしょう。

週末パス
・土休日の連続2日有効。大人8730円、小児2560円
・JRほか各路線に乗れますが、りんかい線、東京モノレールは乗れません。
・スタンプラリーのJRの駅全駅がフリーエリアに含まれます。
・関東圏以外から来られる方はこれがいいでしょう。


他線で、スタンプラリーに使えるお得なきっぷ

東京モノレール沿線お散歩1Dayパス
・東京モノレールが1日乗り降り自由。通年発売。大人700円、小児350円。
・天王洲アイル、羽田空港の押印に有効。

東京メトロ一日乗車券
・1日有効、大人600円、小児300円
・全部ではないですが、山手線内外の多くの駅に行かれます。都区内パスより安い(笑)
・スタンプはすべて改札の外なので、JRを使わなくても行ける駅が多数あります。
例:王子、池袋、西日暮里、北千住、高田馬場、荻窪、東京(大手町)、新日本橋(三越前)
・複数日に分けて行きたい方はこちらもおすすめ。邪道かもしれませんけど・・・。


その他のちょい技

(1)新日本橋駅
見た感じ、新日本橋駅のアクセスは普通に行くと難しい部分があります。
そこで2つの方法をご提案。
・東京メトロ銀座線「三越前」を使う。
・神田駅から歩く。(片道10分ほど)

地図はこちらを。Yahoo地図です。日比谷線の小伝馬町からでも行けそうです。
http://yahoo.jp/lyXvhx

(2)羽田空港第1ビル駅
東京モノレールは結構高いので、往復するのもどうかと思う方に。
・蒲田から京急蒲田に移動し、京浜急行で羽田空港国内線ターミナル。片道8~11分、IC運賃335円。
 京急の羽田空港駅は第1・第2で1駅になっています。第1ターミナルは、蒲田寄りの出口です

・大森駅から羽田空港行きバス
京急バス 大森~羽田
一般の路線バスです。片道280円、IC運賃276円です。

(3)川崎の怪獣酒場
ラリー対象外ですが、こちらにもあるとのこと。
川崎駅は、羽田空港と川崎駅を結ぶバスがあります。こちら参照。
また、京浜急行でも行けます。
怪獣酒場についてはこちら: 川崎の怪獣酒場

川崎からの片道運賃は以下の通り。
JRで蒲田:160円、IC154円
京急で蒲田(京急蒲田):160円、IC154円
京急で羽田空港:340円、IC335円
バスで羽田空港:280円、IC276円

(4)南流山駅
松戸駅から1時間1~2本ですが、バスが出ています。気分を変えて乗ってみてもいいかと。
また、柏駅の手前、南柏駅にも出られます。以下参照。
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/bus/musasino/minaminagareyama0.htm

 
と、ひととおり紹介させていただきました。
近所の駅にもスタンプがありますが、若い方から大人の方まで結構やってる方多いです。
子供が少ない気もしますけど(笑)

都内を細かく回る旅に、出かけてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

青春18きっぷ、北海道&東日本パスの、2016年度概要が発表されました。

それにともない、以前に作成したカレンダー等の表を再作成しました。
青春18きっぷの概要北海道&東日本パスの概要、は前回までにUPしています。
リンクを参照願います。

販売・利用期間のカレンダーです。縦目にしてみました。

今年だけだと思いますが、北海道&東日本パスは、春季は要注意です。
あらためて、注意点を列記しておきます。
 ・3/20~3/25は利用できません。 
 ・3/19までの利用と3/26からの利用で、値段と効用が変化します。
 ・2/26~3/13は、改正前利用と改正後利用の双方が購入できます。
  そのため、購入時点で
どちらで利用するかをはっきりさせる必要があります。間違えないように購入してください。


 

青春18きっぷ

北海道&東日本パス

 

 

共通

ダイヤ改正前
( 03/25まで )

ダイヤ改正後
( 03/26以降 )

発売単位

5口(1口で1人1日)

連続7日間

連続7日間

値段

おとな

11850円

10290円

10850円

こども

設定なし

 5140円

 5420円

販売

利用

販売

利用

販売

利用

02月

20

【春季】

 

【春季】

 

 

 

26

02/20

 

02/20

 

【春季】

 

03月

01

【春季】

【春季】

02/26

 

10

03/31

03/01

03/13

03/01

 

13

 

 

04/16

 

19

 

04/10

 

03/19

 

 

20

 

 

 

 

 

 

26

 

 

 

 

 

【春季】

31

 

 

 

 

 

03/26

04月

10

 

 

 

 

 

16

 

 

 

 

 

04/22

22

 

 

 

 

 

 

05月

 

 

 

 

 

 

 

06月

20

 

 

 

 

【夏季】

 

07月

01

【夏季】

 

 

 

06/20

【夏季】

10

07/01

【夏季】

 

 

07/01

20

07/20

 

 

09/24

08月

31

08/31

 

 

 

09/30

09月

10

 

09/10

 

 

 

 

24

 

 

 

 

 

 

30

 

 

 

 

 

 

10月

 

 

 

 

 

 

 

11月

 

 

 

 

 

 

 

12月

01

【冬季】

 

 

 

【冬季】

 

10

12/01

【冬季】

 

 

12/01

【冬季】

20

12/10

 

 

12/10

31

12/31

 

 

01/04

01月

04

 

01/10

 

 

 

01/10

10

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ