あるといい旅案内

旅情報や旅日記をつづるブログです。 15/10/26名前変更しました。

お越しいただきありがとうございます。

にほんブログ村に登録しています。
よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



以下のブログと小説を書いています。よかったらこちらにもお越しください。
あるといい旅案内(このブログ)

あるといいブログ(ライブドアブログ)

雇われない生き方を探るブログ(アメーバブログ)

アナザーズ 冒険編1 ~ウルグ~(小説家になろう)

旅の情報

ことしも、高尾山からのダイヤモンド富士が拝める季節になりました。

ことしは、20日(水)~24日(日)、冬至は22日(金)です。
この期間、ケーブルカーは18時最終として運転しています。
詳細は高尾登山電鉄のサイトに。
http://www.takaotozan.co.jp/diamond/


<アクセスとお得なきっぷ>

高尾山頂への最寄り駅は京王線の「高尾山口」駅です。
新宿または高尾から京王線です。特急・準特急が一番早いです。特急も準特急も料金はかかりません。

※京王では、2018年3月から座席指定の列車が運転される予定です。この情報は、2017年12月現在の情報です。

京王では、電車の往復とケーブルカーの片道または往復がセットになった「高尾山きっぷ」を発売しています。合わせた額の2割引きになります。高尾からの販売もあります
値段は以下に。
https://www.keio.co.jp/train/ticket/profitable/price_takao.html

高尾山口駅から10分程歩くと、ケーブルカーとリフトの乗り場「清滝」駅、および1号路などへの登山口です。
ケーブルカーとリフトは共通で大人が片道480円、往復930円です。
リフトは運転時間が16時までになっています。
ICカードは自販機で購入するときに使えます。
上述どおり、ダイヤモンド富士の期間に限り、ケーブルカーは18時まで運転しています。(リフトは延長しません)

ケーブルカー・リフトで高尾山駅に着いたら、以降は歩きです。
だいたい40分ほどで着きます。
薬王院の参道を通るので階段が多く、途中から土の道になります。なので、ヒールなどは避けたほうがいいです。


<ケーブルカー・リフトを使わない場合>

もちろん歩いて上ることもできます。
高尾山駅から1時間半くらいで高尾山頂に着くことができます
一番早いのは1号路です。高尾山駅まではほぼ坂、参道を経て薬王院を過ぎる1時間くらいはずっとコンクリートの道で、初心者の方はかなり疲れます。
他に、稲荷山コースやびわ滝コース(6号路)があり、こちらは完全に山道ですので、歩きやすい靴や服装が必須です。



<山頂について>

山頂は広場になっていますが、富士山が見える奥の場所は狭めです。
高尾山頂から徒歩10分くらいの「もみじ台」に行く方も多いようです。
ある程度いい場所を取りたいのであれば、日の入りが始まる1時間くらい前までには到着しておくことを強く勧めます。毎年、1時間前でもかなり人がいます。
ですので、15時くらいに着くことを考えると、高尾山口駅には遅くても13時~14時くらいには着いておいたほうがいいでしょう。

当然ですが、山頂は山の中です。
完全に吹きっさらしです。
防寒しとかないと、本当に風邪ひきます。


<帰りにケーブルカー・リフトを使わない方へ>

登山道は一号路も含めて基本的に真っ暗です。灯りがありません

灯りがあるのは、薬王院の付近と、薬王院から高尾山駅の間だけです。
山頂から薬王院の奥の院まで、高尾山駅から少し一号路を入ったところから清滝駅までは、完全に真っ暗です。
道中の灯りがある部分も、灯りはわずかですので、かなり薄暗いです。暗い部分は暗いです。

ですので、ヘッドライト、懐中電灯かランタンのような広めの灯りが必須です。スマホの灯りは少し頼りないし、落としたら一大事です。
歩いて下山するならもちろん舗装された一号路から帰るのがベストではありますが、上記に書いた通り、ほとんど坂、つまり帰りはひたすら下りです。運動不足の方はひざがガクガクしてきます。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

一号路の途中には、金毘羅台という夜景スポットがあります。
ここはさらに真っ暗ですが、夜景は確かにきれいです。


<帰りにひと風呂>

帰りに、高尾山口駅併設の「高尾山温泉」でひと風呂いかがでしょうか。
通常料金1000円、タオルセット250円。23時まで居られます。
極楽湯の株主優待券は使えません。
22日(冬至)はゆず湯だそうです。
概要はこちらへ。
http://www.takaosan-onsen.jp/

<京王線の時間について・下り10時~16時くらい>

※この情報は、2017年12月現在の情報です。
平日の昼間は、新宿発0・20・40分発に特急高尾山口行きがあります。
このほか、7・27・47分発に準特急京王八王子行きがあります。こちらは終点の1つ前「北野」で各駅停車高尾山口行きに乗り継げます。

土休日の昼間は、新宿発7・27・47分発に準特急高尾山口行きがあります。
このほか、0・20・40分発に特急京王八王子行きがあります。こちらは終点の1つ前「北野」で各駅停車高尾山口行きに乗り継げます。

<京王線の時間について・上り18時以降>

※この情報は、2017年12月現在の情報です。

平日の上りは、18時以降は各駅停車か快速がほとんどです。約10分間隔。23:34の区間急行(東府中まで各駅停車)までは、北野か高幡不動で特急または準特急新宿行きに乗り継げます。

土休日の上りは、21:14まで20分間隔で準特急新宿行きが運転されています。以降は各駅停車が約10分間隔です。23:34の区間急行(東府中まで各駅停車)までは、北野か高幡不動で特急か準特急新宿行きに接続します。

帰りの時間は必ず経路検索などで確認してください。

極楽湯に浸かったり、高尾山の夜景やムササビを見たりしたいという方は、終電時刻をきちんと確認してから来てください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



インスタ映え、というのでしょうか、千葉県内でずいぶん増えましたが、そのなかでも人気が高い、千葉県木更津にある「江川海岸」のアクセス情報です。


【どんなところ?】

江川海岸は基本的には潮干狩り場です。
対岸には川崎の工場群が見えます。
電柱のある場所は潮干狩り場の入口にあたるところです。


【アクセス方法1 最寄駅(巌根駅)から】

最寄り駅はJR内房線の巌根駅(いわね)です。
総武快速線からの直通電車は通過しますのでご注意ください。

アクセスは、バスで「江川」「下久津間」いずれかまで行くか、歩くかタクシーです。
バスは数時間に1本程度で非常に少ないです。
タクシーは、検索したら1700円と出ました。行った帰りに迎車表示のタクシーとすれ違ったので、迎えに来てはくれるようです。

歩く場合、県道87号線まで行き、さらに海側へと入ります。
注意点があるので後述します。


【アクセス方法2 木更津駅・三井アウトレットパーク木更津から】

巌根駅からだとバスが数時間に一本程度と少ないため、となりの木更津駅か、三井アウトレットパーク木更津からバスで来られることを勧めます。
木更津駅と三井アウトレットパークを結ぶバスは、1時間に1~2本運転されています。
木更津駅~江川~下久津間~三井アウトレットパーク木更津、という経路です。
どちらかといえば、「江川」のほうが入る道がわかりやすいので、江川から来られるほうをお勧めします。


木更津駅までは、東京駅・錦糸町駅から総武快速線の直通電車が1時間に1本出ています。それ以外は千葉で乗り換えです。日中は15分に1本ほど出ています。

高速バスは、横浜・品川・東京・新宿から木更津駅までバスがあります。
横浜・品川は木更津駅東口発着です。
東京・新宿・三井アウトレットパーク木更津は西口発着です。


三井アウトレットパークへのバスは多方面から出ています。
ただ、行きはともかく帰りは、東京・新宿の便以外は終わっています。
相模大野、たまプラーザの便は、行きは朝、帰りは夕方に出てしまいます。



【アクセス方法3 県道87号線から江川海岸の徒歩経路】


県道87号線から江川海岸までは、一部は住宅地、その先は国有地になっています。
「江川」バス停から三井アウトレットパーク木更津方面に少し歩くと、江川海岸潮干狩り場への案内看板が出てきますので、そこから奥に入ります。
道なりに行くとT字路があるので(自衛隊の敷地沿いに)左へ行きます。ここは案内板がありません
さらに奥に進むと、駐車場の奥に、潮干狩り場があります。

アウトレット寄りにある「下久津間」からでも奥に入ることができます。
巌根駅から車道沿いを行かず住宅地を貫いてきた場合、この付近に出ます。
ただ周辺に横断歩道が無いうえに、奥に入る道は看板も無いので、あまりお勧めはしません。

気になる所要時間ですが。
徒歩の場合、江川バス停からだと30分、巌根駅からだと50分から60分です。

山道を歩くわけではないので時間的にはそれほどきつくないと思います。
しかし、県道87号線周辺は、夜は歩道部分ほぼ真っ暗です。特に江川海岸から県道87号線までの国有地部分は、「まったく」照明がありません。潮干狩り場付近だけなら、対岸の工場や、裸電球、近所にある江川運動場の照明が少しだけ照らしてくれますが、道すがらに関しては電灯まったくなしです。
なので、歩きの方は懐中電灯か代わりになるものを必ず持参してください

巌根駅への道中に関しても、歩道は照明が無く、細い道も電灯がありません。

道のりに関してはグーグルのストリートビューで見られますので、事前確認したい方は見てみてください。ちなみに、江川バス停からだと、墓地を2回通ります。



以下、資料集です。

【江川海岸周辺の地図】

江川海岸への地図はこちらを参照。(googlemapです)
https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%B1%9F%E5%B7%9D%EF%BC%88%E3%83%90%E3%82%B9%EF%BC%89/@35.40467,139.9100453,15z/data=!4m5!3m4!1s0x6018736da808326b:0x29b7d9f75fe4cbc6!8m2!3d35.40467!4d139.9188?hl=ja

画像にしてみました。


えがわちず


【バスの時刻表】
木更津駅西口から三井アウトレットパーク木更津行き。
江川まで、約7分、現金220円・IC216円。
http://www.kominato-bus.com/route/timetable/current/00650_02.html

三井アウトレットパーク木更津から木更津駅西口行きと巌根駅行き。
どちらも「江川」「下久津間」を通ります。
江川まで、約8分~11分、現金250円・IC247円。
http://www.kominato-bus.com/route/timetable/current/01839_03.html

三井アウトレットパーク木更津のアクセス情報。バスは下のほうにあります。
https://mitsui-shopping-park.com/mop/kisarazu/access/

巌根駅のバス時刻表。江川経由のバスに乗ってください。
http://www.kominato-bus.com/route/timetable/current/00668_01.html

http://www.kominato-bus.com/route/timetable/current/00668_02.html


【こんな風景】
たどり着くと、こんな風景に出会えます。

PB050040


PB050034


【おわりに】
ハッキリ言ってしまえば、潮干狩り以外で観光客が来ることを現在でも想定していない場所です。
来られる際は、周囲と自分と同行者に気配りしつつ、自己責任で来る場所です。
でも風景は素晴らしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ウユニ塩湖のようだ」、と最近話題の江川海岸。

電線が海岸に伸びる風景が印象的。

それと同様の風景が、袖ケ浦の牛込海岸というところにあります。

そのアクセス情報をご案内。

まず、三井アウトレットパーク木更津、まで行きます。
電車の場合、千葉駅から約30分のJR袖ヶ浦駅または木更津駅から三井アウトレットパーク行きが出ています。袖ヶ浦からは1時間3~4本、木更津からは1時間1~2本前後です。
巌根駅からの便はかなり少ないので、袖ケ浦・木更津どちらかからのほうがいいでしょう。

高速バスは、直行便が、東京・横浜・川崎などから運転されています。往復割引や、買い物券がついたセット券もあるようです。

このほか、木更津金田バスターミナルからアウトレットに行くバスもあります。
木更津などへ行くバスが金田バスターミナルを通ります。

詳細はこちらを。
http://www.31op.com/kisarazu/

アウトレットパーク自体はフードパークが21:00までやっています。店舗は20:00まで。
近くにキサラピアという小さな遊園地があり観覧車もあるので、行ってみるのも面白いでしょう。
キサラピアの詳細はこちら。
http://kisarapia.com/


で、肝心の牛込海岸。
位置的には、ノースゲートから東のさらに外れです。
アウトレットの敷地内にいる場合は、まずノースゲートを目指します。外に出て駐車場も出て、右方向に行きます。田畑の中に小さい社(八王子神社)が見えてきたら、そこに沿った道を奥へ入って行きます。そうすると、海が見えてきますが、直進はできないので、右へ曲がり、また左折して奥へと進んでいけば、自然と牛込海岸の岸壁に到着します。

バスターミナルに着いた場合は、中に入らず、北方面(高速バス1番のりば方向)にまわりこんでいきます。

電線が連なる場所は港を少し回った場所にあります。


三井アウトレットパーク木更津のバス停から20分前後は見たほうがいいでしょう。
この付近、電灯がほぼないので、暗くなった時のために、懐中電灯はできるだけ持ってきてください。

漁協の注意書きで、敷地内で事故があっても責任取りませんと明記されています。


道中、ほとんど道しるべがありませんので、できればスマホでGoogleMapなど使ったほうがいいかもしれません。地図の目標で言うと、「牛込船溜」付近が目的地になります。GoogleMap、Yahoo地図双方で見られます。

いうまでもありませんが、漁港ですので、漁港の方々の迷惑にはならないようご注意を。

最後に、実際に行って撮影した写真を。

これは西側を撮影しました。この奥にはアクアラインが見えます。

1505782381552



これが肝心の電線。北側に伸びているので、夕日とドッキングはしないようです。

1505782401979


夕景を撮影したい場合は、日の入り予定時刻の90分くらい前にはアウトレットに着いていることを勧めたいです。日暮れは一度始まると終わるのはあっというまです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日伺いました。

ウユニ塩湖のようだと話題の江川海岸か牛込海岸に行く予定だったのですが、木更津でたまたま見かけたポスターで、行くことにしました。
木造の桟橋のある風景ということで、珍しいなと思いました。

このときは電車で行きましたが、後で調べると、バスでもその気になれば行けました。

なので、双方のアクセス情報を記しておきます。

<電車の場合>
 千葉、または蘇我から、内房線。木更津・浜金谷を経て「富浦」で下車。
 駅前の道を直進し左、少し行くと「原岡海岸」の案内板が出てきますので、横断歩道を渡って奥へ行きます。

 桟橋は海岸沿いにさらに歩いたところにあります。歩いて15分くらいです。

 君津から館山方面は非常に本数が少ないです。昼間も夜間も、だいたい1時間1~2本です。
 内房線の特急「さざなみ」は、冨浦までは平日の運転はなく、一部の土休日のみ運転です。
 なので、実質普通や快速電車のみでの移動になります。千葉から富浦は約2時間ほどです。
 なお、下りの2つ先が館山です。日が暮れてから館山や白浜で宿をとるのもいいでしょう。

<バスの場合>
 降りるバス停は「とみうら枇杷倶楽部」。道の駅です。

 千葉と館山を結ぶバス、東京と館山・安房白浜を結ぶバスが通ります。
 時刻と運賃は以下のサイトで確認できます。どちらも本数も時間もだいぶ充実しています。

  ・千葉~館山・白浜(日東交通のサイト)、千葉駅から約90分。
    http://nitto-kotsu.co.jp/kosoku(tate-cba).htm
  ・東京・新宿~館山・白浜(JRバスのサイト)、東京駅(八重洲口)、新宿駅(バスタ新宿)から約90分。
    http://time.jrbuskanto.co.jp/bk04010.html

 とみうら枇杷倶楽部から原岡海岸は、歩いて15分ほど、川沿いを歩いていくようです。行かれる方は地図の確認をお忘れなく。
 地図は、とみうら枇杷倶楽部のHP、「周辺スポット」から参照してみてください。
 道の駅とみうら枇杷倶楽部 http://www.biwakurabu.jp/


 原岡海岸~冨浦駅・とみうら枇杷倶楽部の道のりですが、沿道はあまり明かりがないうえ、歩道も狭いです。懐中電灯を持っていくほどでもないですけど、帰るときは、足元は気を付けてください。


最後に、撮った写真を3枚。

この先に富士山が見えるらしいです。
P9090066


電灯が裸電球です。

P9090072


暗くなるとこんな感じです。
P9090079


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジブリみたいだ、と大きく話題になった「濃溝の滝」行ってきました。その情報を書いていきます。

まず、いきなり訂正です。

画像で話題になった場所は「濃溝の滝」ではありません。

場所は 清水渓流広場 というところで、そこに 農溝の滝 と 亀岩の洞窟 というのがあります。
話題になった画像は、「亀岩の洞窟」のほうです。

字も場所も違うところがいきなり話題になる。
地元の方、面食らったでしょうね。ネット怖い。。。

この場所は、かつて、水を田畑に流すために水の流れを変えたことによってできているそうです。

このブログでは、鉄道とバスによるアクセス方法を掲載します。

まず鉄道です。
千葉から内房線で木更津→
木更津から久留里線で久留里または上総亀山→
以降君津市デマンドタクシーで「清水渓流広場(農溝温泉)」まで行きます。

久留里線は非常に本数が少ないうえ、ICカードが使えませんのでご注意を。
可能であれば、JRの「休日おでかけパス」などフリーパスで来られると便利です。

君津市デマンドタクシーは完全予約制です。
乗車30分前でも予約ができるそうですが、台数は多くないので、前日以前に予約しておくといいでしょう。


次に高速バスです。
高速バスは2路線、
東京方面から安房鴨川方面に行く「アクシー号」、
千葉駅から安房鴨川方面に行く「カピーナ号」
があります。
どちらも予約制ではありません。ICカードが使えます。
どちらも、「君津ふるさと物産館」で下車し、鴨川方面へ歩いて20分で「清水渓流広場」に着けます。

主な時間と運賃は以下の通りです。
 「アクシー号」浜松町駅、東京駅:約2時間、2150円。
 「カピーナ号」千葉駅:約1時間半、1650円。
 「カピーナ号」安房鴨川駅:約20分、820円。

自分が行ったのは平日でした。
行ったのは昼間でしたが、急に晴れ間が出てきてこんな風景が見られました。
観光バスも来ますし、個人で車で来られる方も結構います。

1503099195980

1503099107633



<リンク集>
ここからはリンクです。

【君津市のデマンドタクシーと農溝の滝/亀岩の洞窟に関するサイト】
https://www.city.kimitsu.lg.jp/soshiki/7/96.html

【日東交通】
カピーナ号、アクシー号の時刻や運賃が掲載されています。
http://nitto-kotsu.co.jp/kosoku.htm


【JR東日本 休日おでかけパス】
8/31までは平日でも利用できます。
https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2093

【サンキューちばフリーパス、サンキューちばフリー乗車券】
利用は9月1日からです。連続する2日有効。東京都区内発もあります。
https://maruchiba.jp/miryoku/marugoto/39freepass.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ