現在JR東日本で展開している「ウルトラマンスタンプラリー」で可能なちょい技を紹介。

先日出したものを、実際やってみて加筆をしました

ウルトラマンスタンプラリーの概要
https://www.jreast.co.jp/ultraman-rally/

開催は2月26日まで。基本10駅、全駅だと65駅。


JRで使えるお得なきっぷ

都区内パス 
・通年1日有効。大人750円、小児370円。
・都区内のJRに一日乗り降り自由です。スタンプラリーのエリアのほとんどは網羅しています。
・フリーエリアに含まれない、スタンプラリーの駅:天王洲アイル、羽田空港第1ビル、松戸、馬橋、新松戸、柏、北柏、我孫子、取手、南流山

休日おでかけパス
・土休日の1日有効。大人2670円、小児1330円。
・JR、りんかい線、東京モノレールに乗れます。
フリーエリア内に、東京モノレールを含む、スタンプラリーの対象全駅があります。
・(後で紹介しますが)1日で65駅を回るなら、こちらのほうが安くなります。
・神奈川、茨城、千葉、埼玉など、関東圏でスタンプラリーのエリア外から来る方はこれがいいでしょう。

週末パス
・土休日の連続2日有効。大人8730円、小児2560円
・JRほか各路線に乗れます。地下鉄、りんかい線、東京モノレールは乗れません。
・スタンプラリーのJRの駅全駅がフリーエリアに含まれます。
・関東圏以外から来られる方はこれがいいでしょう。

中央線東京週末フリー乗車券
・中央線沿線から都心各種へのフリーパス。
・土曜休日の連続2日間使えます。
・特急券を追加すれば「(スーパー)あずさ」「かいじ」にも乗れます。
りんかい線、東京モノレール、JR、スタンプラリーの全駅がフリーエリアに含まれます。
・このほか、東北エリアからの同様のフリー乗車券があります。


他線で、スタンプラリーに使えるお得なきっぷ

東京モノレール沿線お散歩1Dayパス
・東京モノレールが1日乗り降り自由。大人700円、小児350円。
土休日のみ使えます。
浜松町から東京モノレールで、天王洲アイル、羽田空港、を周ろうとすると1000円以上します

東京メトロ一日乗車券
・1日有効、大人600円、小児300円
・全部ではないですが、山手線内外の多くの駅に行かれます。都区内パスより安い(笑)
・スタンプはすべて改札の外なので、JRを使わなくても行ける駅が多数あります。
例:王子、池袋、西日暮里、北千住、高田馬場、荻窪、東京(大手町)、新日本橋(三越前)
・複数日に分けて行きたい方はこちらもおすすめ。邪道かもしれませんけど・・・。


その他のちょい技

(1)新日本橋駅
見た感じ、新日本橋駅のアクセスは普通に行くと難しい部分があります。
そこで2つの方法をご提案。
・東京メトロ銀座線「三越前」を使う。
・神田駅から歩く。(片道10分ほど)

地図はこちらを。Yahoo地図です。日比谷線の小伝馬町からでも行けそうです。
http://yahoo.jp/lyXvhx

たとえば。
秋葉原または御茶ノ水、神田、新日本橋、新橋、有楽町、浜松町、なんて行き方もいいかと思います。

(2)羽田空港第1ビル駅
東京モノレールは結構高いので、往復するのもどうかと思う方に。
・蒲田から京急蒲田に移動し(徒歩10分)、京浜急行で羽田空港国内線ターミナル。片道8~11分、IC運賃335円。
 京急の羽田空港駅は第1・第2で1駅になっています。第1ターミナルは、蒲田寄りの出口です

・大森駅、蒲田駅、川崎駅へ路線バスが出ています。時刻等はリンクを参照してください。
京急バス 大森~羽田

京急バス 蒲田~羽田

京急バス 川崎~羽田

一般の路線バスです。いずれも、片道280円、IC運賃276円です。
もっとも使いやすいのは蒲田。通常便に加えてシャトル便(大鳥居のみ停車)があります。

(3)川崎の怪獣酒場
ラリー対象外ですが、こちらにもあるとのこと。
川崎駅は、上記のように、羽田空港と川崎駅を結ぶバスがあります。
また、京浜急行でも行けます。
怪獣酒場についてはこちら: 川崎の怪獣酒場

川崎からの片道運賃は以下の通り。
JRで蒲田:160円、IC154円
京急で蒲田(京急蒲田):160円、IC154円
京急で羽田空港:340円、IC335円
バスで羽田空港:280円、IC276円
(羽田空港までなら京急のほうが早いです)

(4)南流山駅
松戸駅から1時間1~2本ですが、バスが出ています。気分を変えて乗ってみてもいいかと。
また、柏駅の手前、南柏駅にも出られます。以下参照。
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/bus/musasino/minaminagareyama0.htm

(5)大久保駅と新大久保駅
ご存知の方も多いと思いますが、歩いて5分程度です。
大久保駅はスタンプ対象外ですが、中野寄り出口から出ると、スタンプのある新大久保駅が見えます。
新宿の乗換を避けたい場合はちょっとだけショートカットができます。

(6)新松戸駅と、流鉄幸谷駅
これもすぐそばにあります。
流鉄流山線は、昭和レトロ感のある路線として隠れた人気のある路線です。
都区内パスで来られた方は実費になる区間ですが、馬橋から幸谷までだと120円(ICなし、現金のみ)で行けます。JRだと133円です。

(7)都区内パスと休日お出かけパス、どっちが得か。
あくまで単純計算ですが、1日で全駅回る前提で考えると、都区内パスではこうなります。
JR都区内パス現金¥750
モノレール1日乗車券現金¥700
常磐線金町~松戸IC¥154
常磐線松戸~馬橋IC¥154
常磐線馬橋~新松戸IC¥133
常磐線新松戸~南流山IC¥133
常磐線南流山~柏IC¥165
常磐線柏~北柏IC¥133
常磐線北柏~我孫子IC¥133
常磐線我孫子~取手IC¥165
常磐線取手~金町IC¥464
 合計 ¥3,084

結果、1日で全65駅を回るなら、「休日お出かけパス」のほうが安く上がります。
天王洲アイル&羽田空港と馬橋から先、どちらかだけ行かれるなら、都区内パス&suicaが安いです。

(8)並ぶ駅より並ばない駅を回ろう
あたりまえに聞こえるかもしれませんが、意外とやってない気がします。
上野や東京などのでかい駅では、多いところで10人前後行列ができます。
対して、比較的小さな駅は、行列ができずすぐに行けます。
なので、大きな駅は後回しにして、回りやすい駅から押していくことを勧めたいです。

(9)そもそも1日で回れるのか
10駅なら、駅を選ばず、昼間3~4時間あれば余裕です。
65駅は、時間はかかりますが、1日でできます。
自分の場合、昼前から始めて午後10時までで7割くらい行けました。
早朝から休まず押し続ければ、暗くなるまでには全部押せると思います。
水と目薬の携帯をお忘れなく。(忘れたので帰ってきたら酷かったです・・・)


と、ひととおり紹介させていただきました。
近所の駅にもスタンプがありますが、若い方から大人の方まで結構やってる方多いです。
子供が少ない気もしますけど(笑)

都内を細かく回る旅に、出かけてみませんか。