あるといい旅案内

旅情報や旅日記をつづるブログです。 15/10/26名前変更しました。

お越しいただきありがとうございます。

にほんブログ村に登録しています。
よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



以下のブログと小説を書いています。よかったらこちらにもお越しください。
あるといい旅案内(このブログ)

あるといいブログ(ライブドアブログ)

雇われない生き方を探るブログ(アメーバブログ)

アナザーズ 冒険編1 ~ウルグ~(小説家になろう)

2017年09月

「ウユニ塩湖のようだ」、と最近話題の江川海岸。

電線が海岸に伸びる風景が印象的。

それと同様の風景が、袖ケ浦の牛込海岸というところにあります。

そのアクセス情報をご案内。

まず、三井アウトレットパーク木更津、まで行きます。
電車の場合、千葉駅から約30分のJR袖ヶ浦駅または木更津駅から三井アウトレットパーク行きが出ています。袖ヶ浦からは1時間3~4本、木更津からは1時間1~2本前後です。
巌根駅からの便はかなり少ないので、袖ケ浦・木更津どちらかからのほうがいいでしょう。

高速バスは、直行便が、東京・横浜・川崎などから運転されています。往復割引や、買い物券がついたセット券もあるようです。

このほか、木更津金田バスターミナルからアウトレットに行くバスもあります。
木更津などへ行くバスが金田バスターミナルを通ります。

詳細はこちらを。
http://www.31op.com/kisarazu/

アウトレットパーク自体はフードパークが21:00までやっています。店舗は20:00まで。
近くにキサラピアという小さな遊園地があり観覧車もあるので、行ってみるのも面白いでしょう。
キサラピアの詳細はこちら。
http://kisarapia.com/


で、肝心の牛込海岸。
位置的には、ノースゲートから東のさらに外れです。
アウトレットの敷地内にいる場合は、まずノースゲートを目指します。外に出て駐車場も出て、右方向に行きます。田畑の中に小さい社(八王子神社)が見えてきたら、そこに沿った道を奥へ入って行きます。そうすると、海が見えてきますが、直進はできないので、右へ曲がり、また左折して奥へと進んでいけば、自然と牛込海岸の岸壁に到着します。

バスターミナルに着いた場合は、中に入らず、北方面(高速バス1番のりば方向)にまわりこんでいきます。

電線が連なる場所は港を少し回った場所にあります。


三井アウトレットパーク木更津のバス停から20分前後は見たほうがいいでしょう。
この付近、電灯がほぼないので、暗くなった時のために、懐中電灯はできるだけ持ってきてください。

漁協の注意書きで、敷地内で事故があっても責任取りませんと明記されています。


道中、ほとんど道しるべがありませんので、できればスマホでGoogleMapなど使ったほうがいいかもしれません。地図の目標で言うと、「牛込船溜」付近が目的地になります。GoogleMap、Yahoo地図双方で見られます。

いうまでもありませんが、漁港ですので、漁港の方々の迷惑にはならないようご注意を。

最後に、実際に行って撮影した写真を。

これは西側を撮影しました。この奥にはアクアラインが見えます。

1505782381552



これが肝心の電線。北側に伸びているので、夕日とドッキングはしないようです。

1505782401979


夕景を撮影したい場合は、日の入り予定時刻の90分くらい前にはアウトレットに着いていることを勧めたいです。日暮れは一度始まると終わるのはあっというまです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日伺いました。

ウユニ塩湖のようだと話題の江川海岸か牛込海岸に行く予定だったのですが、木更津でたまたま見かけたポスターで、行くことにしました。
木造の桟橋のある風景ということで、珍しいなと思いました。

このときは電車で行きましたが、後で調べると、バスでもその気になれば行けました。

なので、双方のアクセス情報を記しておきます。

<電車の場合>
 千葉、または蘇我から、内房線。木更津・浜金谷を経て「富浦」で下車。
 駅前の道を直進し左、少し行くと「原岡海岸」の案内板が出てきますので、横断歩道を渡って奥へ行きます。

 桟橋は海岸沿いにさらに歩いたところにあります。歩いて15分くらいです。

 君津から館山方面は非常に本数が少ないです。昼間も夜間も、だいたい1時間1~2本です。
 内房線の特急「さざなみ」は、冨浦までは平日の運転はなく、一部の土休日のみ運転です。
 なので、実質普通や快速電車のみでの移動になります。千葉から富浦は約2時間ほどです。
 なお、下りの2つ先が館山です。日が暮れてから館山や白浜で宿をとるのもいいでしょう。

<バスの場合>
 降りるバス停は「とみうら枇杷倶楽部」。道の駅です。

 千葉と館山を結ぶバス、東京と館山・安房白浜を結ぶバスが通ります。
 時刻と運賃は以下のサイトで確認できます。どちらも本数も時間もだいぶ充実しています。

  ・千葉~館山・白浜(日東交通のサイト)、千葉駅から約90分。
    http://nitto-kotsu.co.jp/kosoku(tate-cba).htm
  ・東京・新宿~館山・白浜(JRバスのサイト)、東京駅(八重洲口)、新宿駅(バスタ新宿)から約90分。
    http://time.jrbuskanto.co.jp/bk04010.html

 とみうら枇杷倶楽部から原岡海岸は、歩いて15分ほど、川沿いを歩いていくようです。行かれる方は地図の確認をお忘れなく。
 地図は、とみうら枇杷倶楽部のHP、「周辺スポット」から参照してみてください。
 道の駅とみうら枇杷倶楽部 http://www.biwakurabu.jp/


 原岡海岸~冨浦駅・とみうら枇杷倶楽部の道のりですが、沿道はあまり明かりがないうえ、歩道も狭いです。懐中電灯を持っていくほどでもないですけど、帰るときは、足元は気を付けてください。


最後に、撮った写真を3枚。

この先に富士山が見えるらしいです。
P9090066


電灯が裸電球です。

P9090072


暗くなるとこんな感じです。
P9090079


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ