これから何回かに分けて、青春18きっぷ10か条というのを出していきます。
もちろん個人的な持論です。

以前某所で出したものを、再編集してお届けしたいと思います。

まずは「その0」ということで、簡単な概要を説明します。

詳細は、検索すればいくらでも出てきますが、JR東日本のページ を張っておきます。
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2125

<値段と口数について>
 料金は、11850円。子供用はありません。
 5口で1セットです。1口当たり2370円ということになります。
 1口で、1人1日利用できます。
 2人で2日なら4口必要です。
 利用の証明は日付のスタンプを押すようになっています。
 利用する口数分だけ、有人改札でスタンプを押してもらう必要があります。

<発売日と有効期限>
 ほぼ毎年決まっています。
 春、夏、冬の3期です。繰り越しはできません。図にするとこうなります。
 

<春期>

2月

3月

4月

01

10

20

29

01

10

20

30

31

01

10

20

30

販売  

2/20~3/31

    
利用    

3/01~4/10

  

<夏期>

7月

8月

9月

01

10

20

31

01

10

20

30

31

01

10

20

30

販売

7/01~8/31

    
利用  

7/20~9/10

  

<冬期>

12月

翌年1月

01

10

20

31

01

10

20

30

31

販売

12/01~12/31

     
利用 

12/10~1/10

   

<青春18きっぷのみで乗れる列車 基本>
 JRの全路線の、普通、快速電車の普通車自由席に乗れます。
 乗車券だけで乗れる列車に有効と考えて差し支えありません。 
 このほか、例外があります。

<青春18きっぷを乗車券として使える列車>
 列車というより「席」です。
 普通車指定席、定員制の通勤ライナー、グリーン車自由席は、指定席券、乗車整理券、グリーン券があれば乗車できます。
 普通車指定席のある列車は、氷見線や城端線の「べるもんた」、夜行快速「ムーンライトながら」など列車を中心として運転されています。
 通勤ライナーは、東京、名古屋、大阪を中心に運転されています。号車が指定される場合もあります。
 グリーン車自由席は、主に東京を中心とした中距離路線です。平日と土日、事前購入と車内購入で料金が異なります。

<青春18きっぷが一切使えないJRの列車、席 基本>
 特急、急行、新幹線は、原則一切利用できません。利用する場合は乗車券も必要です。
 ライナー以外で、自由席でも料金券が別途必要になる列車は乗車できません

 普通、快速電車でもグリーン車指定席は使えません。
 冬の場合、「初日の出号」「初詣号」の類にグリーン車指定席が使われる場合があります

<青春18きっぷで乗車できる特急、急行>
 次の区間だけは、例外的に、青春18きっぷだけで、特急急行の自由席に乗車できます。
 ・新青森~青森(この間のみを乗車する場合だけ)
 ・蟹田~木古内(この間のみを乗車する場合だけ)
 ・新夕張~新得(この間のみを乗車する場合だけ)
 ・宮崎~宮崎空港

 最初の3つは、区間を逸脱する場合は、通常どおりの乗車と変わりなく、乗車券と特急券が全区間で必要になります。たとえば、青森~函館を特急の自由席で移動した場合は、青森~函館全区間の乗車券と特急券が必要です

<青春18きっぷで乗車できる、JR以外の路線>
 次の区間のみを途中下車せずに移動する場合は、追加料金なしで乗車できます。
 ・青い森鉄道 青森~野辺地/青森~八戸/野辺地~八戸
 ・IRいしかわ鉄道 金沢~津幡
 ・あいの風とやま鉄道 富山~高岡

 野辺地から大湊線方面、津端から七尾線方面へ直通する電車にそのまま乗車する場合も有効です。
 上記区間内で途中下車や乗車をしたり、区間を逸脱した場合は、乗車した全区間で運賃が発生します。
 たとえば、青い森鉄道の浅虫温泉~八戸、IRいしかわ鉄道&あいの風とやま鉄道の金沢~富山、を移動した場合、浅虫温泉~八戸、金沢~富山の全区間の運賃が発生します

<1日の区切り>

青春18きっぷで独特なところがこの点です。
原則として、始発から、24時を過ぎて最初に停車する駅までが「1日」です。
ただし、東京・大阪の電車特定区間は終電まで有効です。
年末年始の終夜運転では、12月31日の始発から、1月1日の始発電車の1つ前までが有効と考えてください。

<1枚を複数人で利用する場合の注意点>
 1枚を複数人で利用する場合は、同一行程が原則です。
 青春18きっぷを持つ1人以外は、乗車駅と集合駅の往復には別途運賃がかかります。
 このため、帰りは精算したくてもきっぷが無いので、いったん解散駅で下車することになります
 行きは乗車券のままでも構いませんが、下車して人数分のスタンプを押してもらうほうが安全です。
 1人乗車(下車)するたびに全員が下車して捕まえたり帰したりするのがルール上はベストですが、それだとかなり面倒だと思いますので、一番遠い人がきっぷをもって、集合駅と解散駅を決めたほうがいいと思います。

以上がルールです。
項目ごとに分けたので、ルールが多いように見えますが、ヘビーユーザー以外は、使われるルールは一部のはずです。


以降は、その1から10まで、1つから2つずつ、挙げていこうと思います。

よろしければおつきあいください。


----------------------------------------------------------------------------------------

 読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村に登録しました。よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

----------------------------------------------------------------------------------------

ライブドアで2つのブログを書いています。

1日1投稿を目指しています。よろしければご覧ください。

あるといい旅案内(このブログ)
/>http://alto-tabi.livedoor.biz/

あるといい日記
http://alto-iikamo.blog.jp/

----------------------------------------------------------------------------------------